楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館業の将来に責任 全旅連青年部が18年度総会(2) 50年の節目を迎えて

第3代青年部長・小田禎彦氏 歴史生かし時代の変化に対応を

4月10日に青年部のOB会があり、今年の青年部総会が節目の50回目を迎えることから、出席してはどうかと要請を受けました。50年前の業界の息吹きをお伝えできればと出席しました。

青年部が産声をあげたのは1969年11月です。設立総会は東京・上野精養軒で開かれました。

青年部は、当時の故山田弥一全旅連会長の肝入りで作られました。山田会長は「富士山は高いから尊いのではなく、裾野が広いから尊い」という趣旨の話をされ、全旅連の組織拡充を青年部にも託しました。

第3代青年部長小田禎彦氏

第3代青年部長
小田禎彦氏

青年部の初代部長は伊東温泉の故前田貞男さんでした。69年は人類が初めて月に降りた月面着陸の年であり、日本は1世帯当たりの年間収入が100万円という時代でした。

長野県出身の藤沢通夫・第2代青年部長は「宝石のような旅館づくり」をしようと呼びかけ、全国の若い経営者を奮い立たせました。当時の青年部員は37都道府県の2339人でした。

私が3代目として青年部を引き継いだとき、鹿児島県と沖縄県が未組織でした。テレビでは「電線音頭」が大人気で、私も当地に赴き、地元青年部員たちと電線音頭を踊ったりしながら、青年部の結成を促したり、全国を回り勉強会を開きました。

私たちの青年部時代はそんな時代でした。時代は大きく変化します。創業の時代にも思いを馳せていただき、今後の活動につなげていただければと思っています。

(トラベルニュースat 18年4月25日号)

(次の記事)旅館業の将来に責任 全旅連青年部が18年度総会(3) 学観連とインターン受入で協定
(前の記事)旅館業の将来に責任 全旅連青年部が18年度総会(1) 民泊、人手不足―前進誓う

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ