楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

HOK連絡会設立 大阪・京都・兵庫の3旅行業協同組合(1) 182社のスケールメリット追求

大阪府、京都府、兵庫県の旅行業協同組合が連携し共同事業を本格スタートさせる。3つの組合の加盟旅行会社182社のスケールメリットを生かした企画力や送客力の向上によって、加盟旅行会社、受入機関、各協同組合の利益向上につながる事業を展開。組合連携による中小旅行会社の新しいスタイル、存在感を内外に示す。

企画力、集客力で利益向上

3組合は、兵庫県旅行業協同組合(門田基秀理事長=国際旅行、26組合員)、協同組合大阪府旅行業協会(OATA、徳原昌株理事長=大阪国際旅行、108組合員)、京都府旅行業協同組合(上原龍男理事長=アートツーリスト、48組合員)。3組合の頭文字から「HOK(ホコ)連絡会」と名づけた。

HOKの3組合が初めて取り組むのは、京旅協が3年前から単独で企画・販売してきた「京りょ まる得ユニットプラン」の共同販売。料金や付帯サービスなど諸条件を特別に設定した旅館29施設に3組合加盟業者が2018年度上期4―9月に優先送客する。

すでに昨年10月から今年3月にOATAと京旅協で「まる得プラン」を共同販売し1千人超を送客。連携によってスケールメリットが出ることを証明した。

京旅協の北澤孝之副理事長は「小さな協同組合でも手を組めばスケールメリットが出てくる。まる得プランも我々だけでは500人ほど送客していたが、今回初めて1千人を超えることができた。上期からは兵旅協さんにも販売してもらえるので、さらに送客が期待できる」と、HOKの取り組みに自信をみせる。

今後は京旅協の「岡崎さくら・わかば回廊十石舟めぐり」やOATAの「日本三大祭 大阪天神祭“船渡御”」も共同販売し、存在感をアピールする方針だ。

(トラベルニュースat 18年5月10日号)

(次の記事)HOK連絡会設立 大阪・京都・兵庫の3旅行業協同組合(2) 旅行業の「三都物語」に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ