ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 旅行情報 > 鉄ちゃんあらしん > 乗り鉄の正月-青春18きっぷの旅(2) 高崎から熱海へ、最後は瀬戸内尾道

乗り鉄の正月-青春18きっぷの旅(2) 高崎から熱海へ、最後は瀬戸内尾道

3つ目は、高崎発熱海行きの高崎線、東海道線直通の普通列車。走行距離約210キロメートル、乗車時間は約4時間。15年春に上野東京ライン(上野―東京を結ぶ新しい路線)の開通で、東海道線と高崎線、東北本線などが乗り換えなしで直通できるようになりました。

「ランチクルーズ」でシメ

直通列車は日中何往復も走っていますが、ほとんどの列車に2階建ての自由席のグリーン車が連結されており、18きっぷでもグリーン料金を加算するだけで乗車できます。グリーン券は乗車前に購入しておくと休日で高崎―熱海が780円。混雑時の着席の保証はありませんが、飲み物などの車内販売もあります。

最後は18きっぷ旅を脱出して、広島県の尾道水道の「ランチクルーズ」に乗船。船は、瀬戸内海では初運航となる大阪水上バスのクルーズ船「ひまわり」で、連日ほぼ満席で運航されました。

クルーズは、尾道港発着で尾道水道を周遊する約1時間30分。ランチは尾道の名店「レストラン尾道レスポワール・ドゥ・カフェ」が提供しています。瀬戸内魚介のブイヤベース、瀬戸内レモンを使ったチーズムースなど美味しかったです。

JR西日本が展開するせとうちキャンペーンの一環で、今後は別の船を使って季節ごとにクルージングを行う予定です。

(あらしん=鉄道ジャーナリスト)

(トラベルニュースat 17年1月25日号)

乗り鉄の正月-青春18きっぷの旅(1) 引退間近国鉄車両と日本最長距離普通列車に戻る

1 | 2

(17/01/31)

鉄ちゃんあらしん 新着記事

    旅行 アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本