楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光消費額、宿泊客実人数が過去最高 京都市の18年観光、客室数不足も緩和

19/07/11

京都市は7月3日、2018年1年間の観光客数などをまとめた観光総合調査結果を発表した。観光消費額は前年比16・1%増の1兆3082億円、宿泊客実人数は同1・6%増の1582万人と各項目で過去最高となるなど好調だった。

観光消費額の1兆円突破は3年連続。外国人宿泊客数は同27・6%増の450万人で宿泊客実人数の記録更新に寄与。宿泊客延べ人数も同4・1%増の2544万人となった。

一方で、観光客数は5275万人で3年連続の減少。過去最高だった15年から7・2%減少している。

宿泊施設は16年3月は約3万室だったが、今年3月で約4万6千室にまで急激に増加。観光客数に占める宿泊者数の割合を示す宿泊比率は15年の23・9%から18年は30・9%に高まり、アンケートで「宿泊施設を手配できなかったから京都に宿泊しない」と回答した外国人客の割合も15年の15・1%から9・4%にまで低下することを考えると、客室数不足は解消してきたと考えられる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ