楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「麒麟がくる」放映が延期 5つの大河ドラマ館開館日どうする

19/11/28

NHKは11月26日、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の初回放送日を1月5日から1月19日へ2週間延期すると発表した。出演女優が逮捕されたことで、出演部分の撮影のやり直しや編集が必要になり延期する。

国内観光で大きな集客力を持つ大河ドラマ。「麒麟がくる」では、主人公の明智光秀ゆかりの地で、ドラマの舞台にもなる京都府の亀岡、福知山の2市と、岐阜県の岐阜、可児、恵那の3市で5つの大河ドラマ館が開館する。

いずれも2020年1月11日から2021年の1月11日の1年間の開館を予定し、すでに前売り券を発売している。

亀岡市の京都大河ドラマ館によると、11月27日に市とNHKが協議し、予定通り1月11日に開館する方向で作業を進めることを確認した。29日に放送開始延期を踏まえ、展示内容などの詰めを行う予定だという。

岐阜県では岐阜市と可児市が、1月5日に予定していた初回放送のパブリックビューイングを中止した。大河ドラマ館の開館日を見直すかどうかについては、県や市、HNKで検討している。

大河ドラマをテーマにした旅行や旅行商品への影響は、今のところ限定的なものになりそう。

大河ドラマの放映を機に、県内への誘客に取り組んでいる岐阜県観光連盟販売促進課では、「放映延期は残念ですが、年間を通しては、岐阜県に大勢の旅行者に来ていただけるものと期待しています。ただ、放映延期の期間に旅行を予定している旅行者が混乱しないよう、正確な情報提供に努めたい」と話した。

岐阜県観光連盟 麒麟がくる旅行商品パンフに助成

県観光連盟では、光秀ゆかりの地をめぐる旅行商品パンフレットやチラシ作成経費の一部を助成している。

助成金はエスコート型旅行商品とパーソナル型旅行商品向けの2種類。このうちエスコート型は、県内に3カ所ある大河ドラマ館の中から1カ所以上組み入れること、県内に1泊以上宿泊することなどが要件。

パンフレットは上限30万円、チラシは同10万円を助成する。パーソナル型にも、ほぼ同様の助成を行う。

現時点で旅行会社からの申し込み状況は集約していないものの、県観光連盟販売促進課では、「年間を通じて募集していますので、是非、制度を活用してほしい」と呼びかけている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ