楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

単月過去最高を記録 7月の訪日外客数、夏季需要で17%増

日本政府観光局(JNTO、松山良一理事長)によると、7月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比16.8%増の268万2千人だった。夏の旅行シーズンを迎え、これまで単月の過去最高だった2016年7月単月を38万人超上回り、記録を更新した。

JNTOでは多くの市場が夏季休暇シーズンを迎えたことに加え、航空路線の新規就航や増便、訪日クルーズの就航が好調の要因と分析している。

市場別では韓国、中国、台湾、香港の東アジア4市場が単月として過去最高を記録し、訪日客数全体をけん引。東南アジアや豪州、米国、欧州など11市場が7月単月の過去最高となった。タイやマレーシアは前年同月を下回ったが、これは祝日の変動、減少の影響を受けたため。

韓国は新規就航や増便など航空座席供給量の増加と昨年の熊本地震の反動から、同44.1%増の64万4千人で好調をキープ。中国は6.8%増の78万1千人で、全市場を通じて単月過去最高を記録した。欧州各市場も着実な成長を続けている。

1―7月の総計は同17.3%増の1643万9千人となった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ