楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

LIVE JAPAN東北版 6者協力で訪日向け観光情報サービスを開始

東北観光推進機構、全日本空輸(ANA)、東急、日本航空(JAL)、JR東日本、ぐるなびは9月12日、推進委員会6者がそれぞれが持つ資源やネットワークを活用・連携して、
東北6県と新潟県の魅力を発信する訪日外国人向け観光情報サービス
「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOHOKU」をグランドオープンした。多言語の二次情報を充実させ、広域の最新情報を積極的に発信していくことで、エリアでの滞在時間の長期化と域内の消費拡大を促す。

LIVE JAPAN

第4弾として東北版をオープン

訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」(LIVE JAPAN)は、
観光情報や飲食店情報をはじめ交通案内など、日本の旅に役立つ様々な情報をワンストップで提供するWEBサービス。東北6県の2018年の外国人宿泊者数は120万人、新潟県は40万人と過去最高を記録している。2016年4月の東京版オープンから3年で、年間利用者数3,500万人を誇る日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービスに成長し、東京、北海道、関西に続き、この度第4弾として東北版をオープンした。

LIVE JAPANの概要

3つの特徴 ①情報コンテンツ

外国人と日本人の編集部が連携して記事や動画を制作。日本の文化や観光情報など国別に好まれる傾向を分析し、訪日前や訪日中に至るまで様々なシーンにおいて訪日外国人が興味を持つ情報を盛り込み配信する。

②LIVE情報

店舗や施設が自ら、イベントや空席情報、期間限定クーポンなど、正確で詳細な今の情報を訪日外国人に向けて配信する。

③便利機能

経路案内や交通情報を調べることができる「経路検索機能」に加え、コインロッカーやwi-fiスポットなど、さまざまな設備や施設の検索ができる「便利マップ」を掲載。さらに2019年5月から「緊急時・災害時について」のページを拡充し、自治体の防災ページや公共交通機関の交通情報のリンクを掲載した「災害情報一元化サイト」としてリニューアル。災害発生時に掲載施設自らが登録可能な災害支援情報を多言語で発信できる新機能「災害情報タイムライン」も2019年7月に追加している。

■掲載言語
・トップページ、情報コンテンツ、便利機能
8言語
【日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・マレーシア語・インドネシア語・タイ語】

・施設ガイドサービス、LIVE情報
5言語
【日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語】

「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOHOKU」URL:https://livejapan.com/ja/in-tohoku/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ