楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JNTOソウル所長 危機的状況も大都市プラスの誘客に活路

日本政府観光局(JNTO)ソウル事務所の山田敬也所長は9月13日、東京・品川プリンスホテルで開かれた第22回「JNTOインバウンド旅行振興フォーラム」で、韓国からの訪日旅行動向について、「危機的な状況に入っている」と現状を報告した。

JNTOソウル事務所の山田所長

山田所長によると、韓国で行った7月の調査で、訪日旅行への関心度はそれまでの3分の1に激減している。消費者マインドに加え、日本国内への地方便を中心に、日韓の航空機の減便、休止が相次いでいる。

こうした状況を受け8、9月は訪日旅行の予約も激減し、特に大手ツアー会社の訪日旅行は8割減と甚大な影響が出ている。

海外旅行先としての日本離れについて山田所長は、「徴用工問題は、訪日旅行に一切影響はなかった。ただ、7月の韓国に対する輸出貿易管理令の改正で状況は一変しました。韓国で日本製品の不買運動が広がり、7月半ばから公務旅行やインセンティブ旅行が減り、8月、9月は一般旅行者の予約もなくなり、訪日旅行はキャンセルばかりといった状況です」と報告した。

愛国心を現わそうと、訪日旅行をキャンセルしたことを伝えるSNSも多く見らる状況だった。

沈静化に向けて明るい兆しを信じて

ただ、官製の反日運動には批判が起きるなど、世論にも微妙に変化の兆しがあるという。

「SNSの書き込みも、最近はネガティブな反応が減りました。周囲に気を遣いながら、誰にも言わずに訪日旅行をする人もいます。沈静化に向けて、明るい兆しも、確実にでてきていることを、お伝えしたい」

それでも、現状は厳しい。毎月、日韓間に1279便が運航していた空の便は、9月には800便台まで減少するとする見方もある。新たなLCCの就航も再考を迫られ棚上げの状態だ。

こうした状況で、日本政府観光局は、当面、減便や休止のない日本の大都市圏への訪日プロモーションに集中する考えだ。

韓国旅行業協会(KATA)とも連携し、沈静化を待ちながら、東京、関西、福岡といった大都市と、周辺都市を組み合わせたツアーのアピールに力を入れることにしている。

JNTOインバウンド旅行振興フォーラムは12、13の両日開かれ、世界21都市にあるJNTO現地事務所の所長が、各エリアの訪日マーケットの動向を紹介した。フォーラムは年2回開催され、観光事業者や地方自治体など多数が参加している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ