楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

災害情報アプリSafety tipsが11カ国語に 外客に紹介を

観光庁は9月13日、災害時情報提供アプリ「Safety tips」の対応言語を従来の4カ国語から11カ国語に拡大した。

気象庁と消防庁が、先ごろ11カ国語に拡充した防災・気象情報に関する多言語辞書を活用する。

Safety tipsは、訪日外国人に緊急地震速報、津波警報、気象特別警報等を通知できる災害時情報提供アプリで、観光庁が監修している。

従来の英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、日本語の4カ国語に、今回新たに追加されたのは、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語の7カ国語。

観光庁では今年度中に、多言語での避難勧告・指示等の情報発信機能の追加や、対応言語をさらに増やすこと予定している。クメール語、ビルマ語、モンゴル語を追加し14カ国語対応にする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ