楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

RWC日本 男8人で観戦に来るオージーの旅程を見てみよう

9月20日のRWC日本大会の開幕まで1週間。期間中、ラグビー観戦に世界から40万人が訪日すると見込まれている。

大会は国内12道府県(北海道、岩手、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、大分)の競技場で、2カ月以上にわたって開かれる。

「ラグビーは試合間隔も長く、観戦旅行者の日本滞在も長いのではないか」「試合のない日は、会場となる都市や周辺を観光して過ごすのではないか」と、開催都市を中心に受け入れ準備に力が入る。

過去3回優勝し、今回も優勝候補筆頭のオールブラックスはすでに千葉県・柏の葉で、過去2回優勝のワラビーズは小田原市で、それぞれキャンプイン。試合会場でなくても、街をあげて盛り上がっているようだ。

パブでPVで温泉で、訪日旅行者に声かけて一緒に楽しもう

Web版トラベルニュースは最近、RWC日本大会の観戦で日本を訪れる予定のオーストラリア人の旅行日程を入手した。シドニー在住の男性で友人と8人で来日する。全員奥さんは帯同しないらしい。

どんな予定か見てみよう。

〇9月18日 夕刻、羽田国際空港に到着。当日は新宿・神楽坂の友人宅に宿泊。

〇19日 都内観光。夕方の便で札幌へ。ホテルチェックイン。

〇20日 札幌ビール園など札幌市内観光。夕刻、東京から来る日本人の友人らと合流。開幕ゲームの日本対ロシア(19時45分~、東京スタジアム)を、札幌・大通公園のパブリックビューイングもしくはスポーツパブで観戦。

〇21日 13時45分から札幌ドームでオーストラリア対フィジーを観戦。観戦後、札幌市内で夜半まで飲食。

〇22日 朝はゆっくりし、鉄路で函館へ。夜は函館山でサンセットと夜景を観賞。

〇23日 終日、函館観光。

〇24日 午前の便で東京へ。午後、マリカー・ツアーに参加。

〇25日 東京グレートサイクリングツアー(中央区)に参加、自転車で浅草など東京を観光。

〇26日 昼頃の北陸新幹線で軽井沢に移動し、友人のセカンドハウスに滞在。夜の軽井沢を飲み歩きする。

〇27日 終日、軽井沢観光。ブッシュウォークや禅体験、温泉でリラックス。

〇28日 昼頃の北陸新幹線で東京へ移動。新宿・歌舞伎町のホテルにチェックイン。

〇28日 終日、東京観光。皇居、明治神宮、代々木公園など。

〇29日 朝、靖国神社まで散歩。原宿竹下通りや表参道、外苑で新国立競技場を見学。午後は東京スタジアムに移動。16時45分からオーストラリア対ウェールズを観戦。夜更けまで六本木のバーを梯子。

〇30日 終日、東京観光。

〇10月1日 昼頃の便で羽田からシンガポールへ。真っすぐにシドニーには戻らず、シンガポールに向かう理由は不明だ。

旅程を見ると日本滞在の期間は14日間となる。2018年の国別訪日動向で、オーストラリアからの訪日旅行は平均13・3泊だから、ほぼ同じ長さだった。

この間に、オーストラリア戦2試合を札幌と東京のスタジアムで観戦し、試合の合間には、東京、札幌、函館、軽井沢の4都市を観光する。

旅行消費はどうか。同じく18年、オーストラリアからの訪日旅行支出は1人24万2千円ほど。友人宅滞在はあるが、観戦チケット代、スタジアムを含めてラグビー観戦中の大量のビール消費などを見込むと、旅行支出は平均を上回りそうだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ