楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本政府観光局 今日、明日とインバウンドセミナー、午前中は香港と台湾から報告

日本政府観光局(JNTO)が9月14、15日の2日間、オンラインで「インバウンド旅行振興フォーラム」を開いている。

2日間にわたってJNTOの海外事務所長らがコロナ禍の各市場の最新動向や渡航再開への取り組みなどを報告する。前回は約1000人が視聴した。

今日14日午前中は香港市場について香港事務所の薬丸裕所長が、台湾市場について日本台湾交流協会台北事務所の畠中環主任が紹介した。コロナウイルス感染症拡大防止のため、両国とも厳しい水際対策や渡航制限が敷かれるなか、渡航再開後の日本への旅行意欲は高いようだ。

香港では高級日本料理が人気で、客単価5-6万円の店が賑わっている。渡航再開後は日本で日本料理を食べたいという希望も多い。

日本の旅行関連情報も多く発信されている。香港の旅行雑誌では、今も日本の新しい観光施設が紹介され、訪日できないなか日本観光の特集紙面も定期的に組まれている。グルメメディアでは日本食特集もあり、再開後の訪日意欲は高い。

日本への旅行再開時期については、高頻度のリピーターは渡航再開から3カ月以内に行くと答えている。旅館の温泉付き客室や、2020年以降にできた新しい宿泊施設に泊まりたいといった希望も聞かれる。今は訪日旅行者はいないが、海外への旅行情報提供の重要性は増している。

東京オリンピックで香港は6個のメダルを獲得し、大会に対してポジティブに盛り上がった。

香港はコロナとの共存、ウィズコロナでの渡航再開を認めない方針で、ウィズコロナの国地域との往来再開は課題となりそう。計画されていたシンガポールとの「トラベルバブル」による往来も計画は止まっている。

コロナ前、日本-香港間には週432便が飛んでいたが、今は週8便しかない状況だ。

台湾では家庭の貯蓄額が増えていて、再開後の旅行資金は溜まっている。

ワクチン接種を2回終えた人は人口の4%と低く、一時は接種目的の米国本土、グアムへ海外旅行も見られたが、グアムで感染が拡大したことなどでブームは終了した。

6月以降、日本から340万回分のワクチンが寄付され、日本への感謝のブームが沸き起こっている。SNSでは「往来再開したら日本で爆買いしよう」といった書き込みが見られた。

調査では、ワクチン接種後の海外旅行再開は40%が2022年の冬休み、20%が2022年の夏休みと回答している。このうち40%が日本に行きたいと答えている。今年の年末年始の旅行先検索でも、台湾国内の旅行先をおさえて日本が1位になった。

2022年1ー2月の訪日旅行の予約受け付けを開始した会社もある。11月末までに観光往来が実現しなければ全額返金を条件にしている。

コロナ後の訪日旅行は、四季折々の美しさや自然、そのときにその場でしかできない体験、密を感じさせないアウトドアやSDGsを意識した旅行がトレンドになりそう。

安全のために旅費が高くなることについての承認度は高い。コロナ前は団体旅行離れが顕著だったか、団体旅行の方が感染防止などで安全が保障されているという考えも広がっている。宿泊先については、緊急時の病院の受け入れ態勢などを重視する声もある。

14日午後からは中国、オーストラリア、ロシア、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、イギリスの現地情報が報告される。

15日の予定

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ