楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ラクダもチェック 夏休み海外旅行前に

19/08/07

夏休み帰りの6日早朝、成田国際空港に着陸が近づくと、機内では検疫についての注意喚起がタイ語、英語、日本語で複数回繰り返された。

コンゴ民主共和国渡航者はエボラ出血熱、アジアへの旅行者には鳥インフルエンザ感染への注意喚起で、家畜に触れた人は検疫所に相談するようにと。

空港に着き検疫所を通りかかると、今度はラクダの等身大ほどのパネルがあって、「ラクダに触った人は検疫所へ」の案内が。ラクダってなんの感染症だろうと思いつつ、そのまま入国審査、税関を経て空港を出た。

ラクダとの接触については、サウジアラビアやアラブ首長国連邦など中東への旅行者への呼びかけだったと、あとで調べた。同地域では、中東呼吸器症候群(MERS)が発生していて、砂漠ツアーなどでラクダに乗ったり、触ったりしても、MERS感染の危険があるそうだ。一般的な衛生対策としては、手洗いが推奨されている。

今週末からは、日本からの海外旅行がピークを迎える。
海外での感染症情報は、厚生省検疫所のHPで、
海外の危険エリア等の情報は外務省のHPで確認できる。

海外旅行の前に見ておこう。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ