楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT首都圏・武蔵野銀行・朝日新聞社、クラウドファンディング事業で提携

19/09/17

近畿日本ツーリスト首都圏(KNT首都圏)と武蔵野銀行、朝日新聞社はこのほど、クラウドファンディング事業で提携した。 地域に根差したプロジェクトの発掘と、 それらに対するクラウドファンディングを通した支援により、 地域の活性化促進を目指す。

締結式の様子 中:武蔵野銀行 新井康裕 地域サポート部長 (左):朝日新聞社 佐藤敦 デジタル・イノベーション本部長 (右):KNT首都圏 木島正人 専務取締役営業本部長

旅行企画のノウハウと編集・発信力、地域での情報収集・提案力が結合

近畿日本ツーリスト首都圏と朝日新聞社は2016年2月から提携し、 近畿日本ツーリスト首都圏が運営するクラウドファンディングサイト「A-port」( https://a-port.asahi.com/ )内に「旅」と「地域活性」をテーマとしたパートナーページ「ミライトラベル」( https://biz.knt.co.jp/miraitravel/ )を展開し、 これまでになかった旅の実現や地域活性につながるプロジェクトを紹介してきた。

今回の提携では、 近畿日本ツーリスト首都圏の持つ旅行企画のノウハウと朝日新聞社の編集力、 発信力に加え、 武蔵野銀行が加わることにより、 地元密着型地方銀行の特性を活かした、 埼玉県内に潜在する地域の情報収集、 提案力の強みが発揮される。

具体的取り組みについて:プロジェクト第1弾

■地域の林業を守り、 木桶文化を守り、 日本らしい日本ワインを造りたい!
https://a-port.asahi.com/projects/musashiwinery/
■起案者: 武蔵ワイナリー ■目標金額: 200万円 ■実施期間:2019年9月13日~11月29日
■リターン例:10,000円 支援へのお礼メッセージ+収穫参加権+自社2018年産ワイン1本+木桶ワイン購入予約権(1本、 購入代金別途)など

「今回の提携を通して、 今後も地域経済の活性化を手伝う」と関係者。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ