楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

7-9月の国内旅行DIはマイナス4 JATA調べ

19/09/13

日本旅行業協会(JATA)が8月1日から23日にかけて会員650社を対象に実施した旅行市場動向調査によると、今年の7月から9月までの3ヶ月間における国内旅行の総合DI値は、前期(4月~6月)比8ポイント減のマイナス4となった。

初のゴールデンウィーク10連休の反動で再びマイナス圏に沈んだものの、6月時点の見通しを10ポイント上回った。前回調査から集計を始めた「客数DI」は17ポイント減のマイナス8。301社が回答し、回答率は46.3%だった。

なお、海外旅行と同様に10月から12月までの総合DIは改善に向かうものの、来年1月から3月までについては再び減少する見通しという。

訪日旅行の7月から9月までの総合DI値は前期(4月~6月)比3ポイント減のプラス2。日韓問題の悪化により訪日旅行者が急減した韓国は、35ポイント減のマイナス59となった。

総合DI値は、9月から12月まではプラス2のまま変わらず、来年1月から3月まではプラスマイナス0に減少する見通し。今期は1ポイント減のプラス5となった客数DIも、減少傾向が続くと予想した。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ