楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東日本鉄道文化財団、鉄道歴史展示室企画展「古代文字瓦の世界 住田コレクションを中心として」開催

19/10/03

東日本鉄道文化財団は10月3日、旧新橋停車場
鉄道歴史展示室 第 52 回企画展「古代文字瓦の世界 住田コレクションを中心として」の開催を発表した。会期は 10月29日から来年1月26日。

パンフレット(表)

無料の「鉄道歴史展示室」

鉄道歴史展示室は、旧新橋停車場駅舎の再現に合わせて日本の鉄道発祥地である汐留に開設された、誰でも気軽に利用できる無料の展示室。住田コレクションの古瓦は、明治 30 年代~昭和 43 年まで、全国の古代寺院を踏査して蒐集した資料で、学術的にも高い評価 が与えられている。

古代寺院の文様瓦を紹介

企画展では、 古代寺院の文様瓦を紹介しつつ、その足跡をたどる。また、ヘラで文字を記した「文字瓦」、特に女性名の文字瓦にも焦点をあて、女性の仏教信仰に対する関心が高かったことも紹介する。

企画展の詳細

会場:旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

会期:10月29日~2020年1月26日

開館時間:10時~17時(入館は閉館の 15 分前まで)

入場料:無料

※11月15日から2020年1月24日まで汐留B街区イルミネーション「
SHIODOME Twilight 」を開催する。

パンフレット(裏)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ