楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本、20年5月から「安心・信頼」できる制服に一新

19/10/08

JR 東日本は10月8日、オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を機に、2020 年5 月より制服を一新すると発表した。コンセプトは、「お客さまに『安心』『信頼』を感じていただくとともに、社員がより快適に着用でき、誇りを持てる制服」。新たなJR東日本を披露し、より良い運行などサービスの提供に取り組む。

冬、夏

グレーを基調とした接客制服を、2002 年の導入以来17 年にわたって着用して
きた。2018 年7 月にグループ経営ビジョン「変革2027」を策定して以降、すべての人の「心豊かな生活」の実現を目指し始動した社員が、新たな気持ちでチャレンジするシンボルとして、来年5月から制服を新たにする。

駅社員、車掌(新幹線含む)、運転士が全て同じ制服を着用

特徴

① お客さまに「安心」「信頼」を感じれるよう、「正統」と「品格」を表すダークネイビーを基調に、アクセントとして上衣の襟にグレーのラインを採用。

・男女ともに同色・同素材の半袖・長袖シャツとネクタイを着用(リボンタイおよびスカートの廃止)
・ネクタイは、3種類の中から選択し着用
・制帽は、男女とも「官帽型」と「チロリアン(ハイバック)型」から選択

② 職制が分かるよう、上衣の袖のライン(駅長・区所長は2本、その他は1本)および制帽(5種類)で職制を区分。
③ 第一線でサービスを提供する社員が、一体となってサービス品質向上に取り組めるよう、駅社員、車掌(新幹線含む)、運転士が全て同じ制服を着用。
④ 資源環境の取組みの一環として、環境に配慮した生地を使用。
⑤ 社員が快適に着用できるよう、伸縮性の向上と軽量化を実現。

クールビズ

駅長用

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ