楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

しなの鉄道 18日始発から長野-妙高高原の運転再開

19/10/18

しなの鉄道(長野県上田市)は、台風19号の影響で運転を見合わせていた、北しなの線区間の長野-妙高高原の運転を、18日の始発から再開した。

台風19号による、線路や電源施設への影響で、現在、北陸新幹線は長野-上越妙高が不通となっているが、長野-妙高高原の運転再開で、15日に運転を再開したえちごトキめき鉄道の上越妙高-妙高高原と合わせ、長野-上越妙高の鉄道路線が結ばれたことになる。

妙高高原赤倉温泉 源泉も無事で通常営業

妙高高原駅に近い新潟県妙高高原赤倉温泉は、台風による被害はなかったものの、鉄道や、首都圏方面からの高速道路の一部通行止めなどで、キャンセルなどの影響がでている。

赤倉温泉のお宿ふるやの中嶋正文さんは、台風後の14日、宿泊キャンセルでお客が少なかったこともあり、被災状況を確認しようと、長野市方面と上越市方面まで車で走り、高速道路の状況を確認した後、大雨の心配から、赤倉温泉の源泉に足を運んだ

「源泉は無事でほっとしましたが、源泉までの道で、ところどころ通りづらい場所もあり、温泉の導管管理の面からも整備が必要だと感じています」

赤倉温泉は、妙高山の中腹から約7キロ、導管で温泉を引いている。

妙高高原駅まで在来線の運転は再開したものの、再開は休止に比べ大手メディアのニュースにはなりづらく、行きづらい温泉のイメージは残ってしまう心配がある。

紅葉シーズンに人気の妙高高原スカイケーブルが、秋の営業を前倒しして終了したことなど、痛手も重る。中嶋さんは「広範囲の被害で、被災者の救済や復旧が最優先です。ですから、まだニュースにはなりづらいですが、赤倉や長野、新潟だけでなく、広い範囲で宿泊キャンセルは出ています。どこかのタイミングで、地域もしくは被災エリア全体で、観光キャンペーンを打つなど、なんらかの回復策をお願いしたい気持ちはあります」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ