楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

西武鉄道の特急ラビューが今年のグッドデザイン金賞に

19/11/05

日本デザイン振興会(東京都港区)は10月31日、2019年度のグッドデザイン大賞と金賞19本などを発表した。このうち経済産業大臣賞の金賞には、西武鉄道(埼玉県所沢市)の特急車両「Laview(ラビュー)」が選ばれた。

西武鉄道の特急車両「Laview」

ラビューは、球形の先頭車両や、極限まで広く取った客室の窓などが特徴。金沢市の21世紀美術館などを手掛けた妹島和世建築設計事務所が、都市や自然の中で、やわらかく風景に溶け込む特急というコンセプトを形にした。

審査員からは、「アヴァンギャルドな球形の先頭車両、驚くほど大きな客室窓、窓からはリビングルームを彷彿させる心地よい暖色イエローのシートが良く見えるなど、乗車前から乗客の心をたかぶらせる仕掛けが満載だ」と評価された。

ラビューは2019年3月から池袋-西武秩父間で運転を開始。都心と秩父多摩甲斐国立公園を抱える埼玉県北西部の秩父市を、約1時間20分で結んでいる。

なお、大賞の内閣総理大臣賞には富士フィルムの「結核迅速診断キット」が選ばれた。

今年のグッドデザイン賞には4772件の応募があり、過去最多の1420件がグッドデザイン賞に選ばれた。このうち独自性、提案性、審美性、完成度などの面で選定されたトップ100から、大賞や金賞が選ばれた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ