楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今冬も日本の美を求めて北陸へ JR3社が「ジャパニーズ・ビューティー」キャンペーン

20/11/29

JR東日本とJR東海、JR西日本は12月1日、冬恒例の観光キャンペーン「Japanese Beauty(ジャパニーズ・ビューティー)Hokurikuキャンペーン」をスタートさせた。富山、石川、福井の北陸3県の冬の楽しみを5つの「美」のカテゴリに分けて企画を用意。今年も「日本の美は、北陸にあり。」をテーマに、北陸紀行へ誘う。2021年3月31日まで。

キャンペーンは毎年実施しているもので、北陸3県や各県観光連盟、北陸経済連合会などでつくる北陸三県誘客促進連携協議会と連携して、地域の魅力を発信している。
企画カテゴリの5つの「美」は、「美食」「美観」「美技」「美湯」「美心」。定番の企画に加え、初登場の体験も充実させた。

「美食」では北陸の冬の定番、カニをフィーチャー。石川県では「百万石カニ加賀飯」、福井県では越前がにの競り見学と越前がにミュージアムプランが初登場。「美観」では福井県のウィンタージップライン、「美技」では富山県の北陸新幹線型和菓子作り体験、「美湯」では石川県の和倉温泉お祭り会館ガイドツアーや加賀温泉郷湯札クーポン、「美心」では富山県の「地元ガイトと巡る山町筋と伝統技法でつくる Orii ブルー着色体験」などを初めてラインナップした。

北陸カニ

冬の北陸はやっぱりカニ

首都圏・中京圏・関西圏の旅行会社では期間中、往復JR利用と宿泊をセットした旅行プラや周遊きっぷを用意。広報面でも交通広告を中心に情報を発信し、旅の魅力を訴求する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ