ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 小社来訪 > 西日本 > 世界文化遺産・百済文化残る 韓国・扶余

世界文化遺産・百済文化残る 韓国・扶余

韓国・忠清南道の扶余から観光キャラバンの一行が来社、百済時代の史跡などが世界文化遺産に登録されているまちの魅力をアピールした。

扶余は、古代の日本文化の形成に大きな影響を与えた百済の中心地だった地域。王宮跡の「官北里遺跡」、百済の石塔が現存する「定林寺址」など4つの世界遺産がある。百済の文化を紹介するテーマパーク「百済文化団地」、百済の宝物を多数所蔵する「国立扶余博物館」など、観光で訪れやすいスポットも多数ある。

具銀貞さんらは「ソウルと釜山のほぼ中間に位置し、ソウルからだとバスで2時間ほどで来ることができます。123年間にわたって百済の首都だった扶余にぜひお越しください。ハスの花のお祭りや百済文化祭などイベントも多数あります」などとし、日本人の多くの来訪に期待していると話していた。

韓国扶余の皆さん
韓国・扶余の皆さん

(17/05/30)

西日本 新着記事

    小社来訪 アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本