ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 観光総合 > 旅行大手3社など12社、国立公園の公式パートナーに 環境省と締結

旅行大手3社など12社、国立公園の公式パートナーに 環境省と締結

環境省は11月28日、旅行会社やJR各社や航空会社など12社と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結した。民間企業と連携して日本の国立公園の魅力を世界に発信、利用者の拡大を図り、地域活性化につなげていく。

パートナーシップは政府の「明日の日本を支える観光ビジョン」を受けて立ち上げた「国立公園満喫プロジェクト」の一環。訪日外国人旅行者誘客のために、各社がそれぞれの得意分野を生かして国立公園の魅力発信に向けた取り組みを展開する。

11月28日時点のパートナー企業はJTB▽KNT―CTホールディングス▽日本旅行▽JR東日本▽JR東海▽JR西日本▽JR四国▽JR九州▽全日本空輸▽日本航空▽サントリーホールディングス▽山と溪谷社。パートナー企業は今後も募集していく。

具体的な取り組みは、JTBは着地型旅行商品の開発や流通促進に加え、国立公園でのDMOの形成支援を展開。KNT―CTはツアーガイドの育成や訪日旅行商品の造成、日本旅行は商品パンフレットやウェブサイトで国立公園の周知を図る。

(16/12/08)

観光総合 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本