ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 観光総合 > 新経済連盟、観光立国実現へ追加提案 国交相や観光庁長官に提出

新経済連盟、観光立国実現へ追加提案 国交相や観光庁長官に提出

ネット企業などが参画してつくる新経済連盟(三木谷浩史代表理事=楽天会長)は5月25日、国土交通大臣、観光庁長官、経済産業大臣、経済財政政策担当大臣あてに「観光立国実現に向けた追加提案」を提出した。政府が掲げる観光戦略には概ね賛同するものの、もう一段飛躍させるための具体的な提案を盛り込んだ。

提案書で掲げた目標は、2030年までに訪日外国人旅行者数1億人、訪日外国人旅行消費額30兆円と、政府目標のほぼ倍。その高いハードをクリアするために訪日客増のための「デジタルマーケティング戦略」、消費増のための「一人当たり消費単価の拡大」、リピーター増のための「スポーツを活用した地方創生」の3つの提案を行い、好循環の実現を描いた。

「デジタルマーケティング戦略」では、政府のデジタルマーケティングを統括する司令塔が必要だとして「政府CMO(チーフマーケティングオフィサー)」の設置を提言。旅行者に対して今もっとも有効なSNSを活用したマーケティング、政府・自治体の保有するデータの活用を図るためにデータの標準化・公開も求めた。

「一人当たり消費単価の拡大」では、「モノ消費からコト消費への転換」、すなわち「体験」の推進が主眼点。そのために民泊を含むシェアリングエコノミー、IRの運用など富裕層向けラグジュアリーツーリズム、まちに消費を生む都市型観光、夜間市場を開拓するナイトタイムエコノミーの推進を提案した。

「スポーツを活用した地方創生」は、20年の東京オリンピック・パラリンピックとその前後年に開かれるラグビーワールドカップ、ワールドマスターズゲームというビッグイベントを一体的にとらえ、地方への波及をねらい地方創生策を打ち出すべきと指摘。スポーツビジネスの振興も図り、観光につなげることを提言している。

(17/06/09)

観光総合 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本