ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > クローズアップ > 特集 > 旅館ホテルで就業体験-海外の大学生が国際インターン 教育文化国際交流財団が推進(3)

旅館ホテルで就業体験-海外の大学生が国際インターン 教育文化国際交流財団が推進(3)

海外の大学生が日本の旅館ホテルで就業体験する国際インターンシップを推進する一般財団法人教育文化国際交流財団。細野助博理事長と田村武志副理事長が語る"思い"とは―。

世界と未来をつなぐ

教育文化国際交流財団
一般財団法人 教育文化国際交流財団 理事長
細野 助博さん
(中央大学公共政策研究科委員長・教授)

教育文化国際交流財団は「世界と未来をつなぐ」架け橋となることを目的とし、そのために「大学と連携して未来を担う高度グローバル人材の育成」を図る国際インターンシップを地球規模で展開することを目指して活動する団体です。

公益の実現を第一としつつ、持続可能性を担保するために経営を磨き、つねに一歩前進を求めて努力し、広く社会から愛される存在でありたいと思っております。どうぞ、ご期待ください。

異文化理解と探究

教育文化国際交流財団
一般財団法人 教育文化国際交流財団 副理事長
田村 武志さん
(大阪府立大学名誉教授)

国際インターンシップは、異文化理解という点で、未来を担う学生には、極めて貴重な「学びの場」になります。自らが主体的に、現場の課題を発見し、解決し、まとめる、という「探究の場」にすることが重要です。

これには、旅館・ホテル業界(サービス分野)の皆様のご指導が必要です。どうか、よろしくご支援のほど、お願いいたします。

旅館ホテルで就業体験-海外の大学生が国際インターン 教育文化国際交流財団が推進(1)に戻る

1 | 2 | 3

(17/06/19)

特集 新着記事

    closeup アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本