楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光産業活性化シンポ 奈良市で2月27日

18/02/01

奈良県は2月27日、観光関連産業活性化シンポジウムを開く。観光による起業や地域に根差した観光産業のあり方などを専門家、実践者が話す。参加は無料で、会場はホテル日航奈良。

基調講演は、本紙で「NATO廃絶」を連載する山田桂一郎さんが地域経営を見据えた観光産業のあり方について話す。廣岡裕一・和歌山大学観光学部教授をコーディネーターに、DMOで地域経営を進める下呂温泉観光協会の瀧康洋会長、小豆島で体験型観光や地産地消の食堂を経営する立花律子さん、隠岐にIターンし観光産業活性化のモデルをつくった青山敦士さんらがパネリストとして意見を交わす。奈良市観光
特別大使のお笑い芸人「笑い飯」の2人も意見交換に加わる。

シンポジウムは2月27日13時から16時30分まで。定員は先着順で100人。申し込みはホームページからできる。https://nara-business.site/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ