楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTBが「クルーズ積立」を設定 高利率で旅行需要喚起

17/11/17

JTB(髙橋広行社長)は11月1日から、クルーズ旅行を喚起する「JTBクルーズ積立」を始めた。通常の定期積立よりも高利率の3%とし、クルーズ旅行の実現を後押しする。

JTB旅行積立タビタビバンクの新商品として設定した。通常の定期積立プランのサービス額算定料率1.75%に1.25%を上乗せし、合計3%とする期間限定で受け付ける。30万円、50万円、100万円の3コースを設定した。

支払方法は一括払い、12カ月・18カ月・24カ月がある。満期時に、積立額にサービス額算定料率3%を付与したカードを発行する。カードの利用期限は満期後5年間。

また、先着1千人にクルーズ情報を満載した「るるぶクルーズのすべて2018―19(仮)」を進呈するほか、満期後にJTBのクルーズ商品申込者に5千円相当のオンボード(船上)クレジットをプレゼントする。

JTBによると16年に1泊以上のクルーズ旅行をした日本人は約25万人で、総人口比率ではわずか0.2%に留まっている。旅行積立によって計画的に資金を貯めることができ、クルーズ旅行の実現を促したいとしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ