楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

九州、甲信越が上昇-国内は夏期後半に勢い JATAの夏休み旅行動向

18/07/26

日本旅行業協会(JATA、田川博己会長)がこのほどまとめた、今年の夏休み期間の旅行動向によると、人気の旅行先は国内が今年も北海道、海外は台湾がトップとなった。

国内旅行は大手旅行会社6社の予約状況(人員ベース、6月中旬時点)で、7月が2.8%減と伸び悩むが、8月が同1.9%増、9月が同7.1%増と夏期後半にかけて活況になっていく。

方面別では、1位北海道、2位沖縄、3位東京は前年と変わらず。4位大阪が続き、5位九州は大河ドラマ「西郷どん」効果で前年14位から急上昇、そのほかでは甲信越が夏の避暑地として存在感を高めている。

海外旅行は大手旅行会社7社の予約状況(同)で、7月が同0.3%増、8月が同8.0%減、9月が同5.2%減。前年に比べて伸びは鈍化傾向にある。

1位台湾は近場の旅行先、女子旅の旅行先として人気。2位に下落したハワイも定番としての人気を誇っている。3位は韓国が急回復してランクアップ、4位タイ、5位シンガポールはファミリーリゾートとして好調を持続している。

調査はJATA会員229社の営業、企画、カウンター担当者らにアンケートで実施した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ