楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京日本橋に「ここ滋賀」 アンテナショップを開業、食や地酒を物販と料理で

17/11/17

東京・日本橋交差点に10月28日、滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」がオープンした。日本橋と銀座を結ぶ中央通りと永代通りの2つの通りに面し、正面は複合商業施設コレド日本橋。高層ビルの一角にポツンと建つガラス面の多い新築3階建てが目を引く。

ここ滋賀

「ここ滋賀」

1階は滋賀の特産品や伝統工芸品などのマーケットと地酒バーが中心。食や酒の魅力で滋賀への来訪を促す。地酒バーでは県内33の酒蔵の地酒を一律300円で試飲できる。営業は20時まで。

滋賀の地酒は2階のレストラン「日本橋 滋乃味」にも多数用意した。レストランは36席。ランチ営業とディナーはコース料理も出す。近江牛のほか鮒ずしや鯖ずし、鮒ずしの「漬け床」として使った米「飯(いい)」を使った料理など、滋賀フードを中心に、琵琶湖産の魚を使った料理も多くそろえた。夜は平均単価5千円程度を見込んでいる。営業は23時まで。

3階はオープンテラス。椅子・テーブルが16席あり、購入した食品や飲み物をイートインできる。イベントスペースとしても活用する。

運営は、クラスカ、ホテルアンテルーム京都などホテルやホステルを手掛けるUDSが行い、県職員が常駐しない。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ