楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

かまくら×なまはげに歓声 秋田県横手・男鹿、大阪で「雪まつり」開く

18/02/05

秋田県を代表する冬の風物詩「かまくら」と「なまはげ」が共演し、横手市と男鹿市をPRする「雪まつり」が1月13―14日に大阪府豊中市の冬の魅力を感じてもらおうと、首都圏や京阪神でかまくらをメーンにした雪まつりを開催。秋田空港へ直行便が飛ぶ大阪国際空港での開催は昨冬に続いて2回目。

今冬は、岐阜県内から運んできた雪を使ったかまくらはもちろん、子どもたちがソリや雪玉づくりを楽しめる雪遊び広場を拡張。きりたんぽや甘酒(あまえご)など横手市と横手市の特産品の販売や観光情報を提供するブースをはじめ、鳥取県境港市から友情出展した中浦食品の「カニ汁」販売ブースなども並び大幅にスケールアップした。

横手男鹿雪まつり

かまくらの前で記念撮影する家族連れ

なかでも近畿日本ツーリスト関西とクラブツーリズムはイベントに協賛し、大阪国際空港発着の特別ツアーを設定。横手市で2月中旬に開催され市内に200基以上のかまくらが並ぶ「横手の雪まつり」の見学と男鹿市内の宿泊をセットしたもので、来場者に東北への旅行をアピールした。

会場で横手市の髙橋大市長は「ぜひ本物を見に来てください」、男鹿市の菅原広二市長は「北緯40度のまちへぜひ」と呼びかけ。近ツー関西の三田周作社長はそれに応える形で、今後も協力していくと話していた。

三田・近ツー関西社長と髙橋・横手市長

今後の協力を約束して固い握手を交わす
三田・近ツー関西社長(左)と
髙橋・横手市長

開催前には横手市秘書広報課の髙橋秀明さん、齋藤瑞恵さんがトラベルニュース社大阪本社に来社。「横手にぜひ!」。

横手市のお2人

横手市のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ