楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

訪日旅行時の“万一”に即応 全旅協インバウンド旅行補償制度、病院・補償対応が充実

17/12/08

株式会社全旅の子会社である「旅行ビジネスサポート」(TBS、本社・東京)は、訪日外国人観光客向け保険「全旅協インバウンド旅行補償制度」の利用を広く呼びかけている。

全旅協インバウンド旅行補償制度は、ツアーなどで訪日外国人観光客を受け入れ、観光客自身の体調不良や言葉の問題、病院でクレジットカードが使えなくなるなど万一の場合に即対応する旅行保険だ。

訪日外国人観光客の入国から出国までをサポート。旅行事故対策費用保険などに全旅協見舞金制度を加えた内容で(1)病気やケガで1千万円の補償(2)英語・中国語・韓国語が通じる病院を24時間体制で紹介(3)病院窓口はキャッシュレス治療といった安心プランを用意。外国人観光客1人からの利用が可能で、インバウンド旅行における体調不良などに対応できる最適な内容になっている。

同社では「もしものトラブルに備えてVIPのお客様に一段上の安心を付与することができ、付加価値アップにつなげられます。魅力ある旅行商品を造成できることはもちろん個人旅行、団体旅行のどちらでもご活用いただけます」と話している。

取扱保険会社は損害保険ジャパン日本興亜で、加入は旅行出発日の前日までに「契約エントリーシステム」(https://www.zenryohoken.com/login.php)での手続き完了が必要。従来の旅行災害補償制度で「Fプラン」または「Gプラン」を選ぶようになっている。

詳細については、TBS 電話03―6272―9704へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ