楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第1期改装を完了 グランドニッコー東京台場

17/10/18

グランドニッコー東京台場は先ごろ、2016年7月のリブランドオープン後に、17年1月から20億円を投入し進めていた第1期改装事業を終えた。上層階のエグゼクティブフロアを、従来の2フロアから4フロアに倍増したほか、レストランを新・改装した。

これによりエグゼクティブフロアの客室は従来の60室から138室となった。また、最上階の30階に新たなレストランをオープンさせた。100種以上のワインをそろえたヨーロピアンスタイルのグリルで、従来の2倍の消費単価を狙う。また、1階のガーデンダイニングはテラス席を設けるなど、146席から200席へと拡張した。こちらではガーデンウェディングも強化する。

グランドニッコー東京台場

30階に新設した
ヨーロピアンスタイルのグリルレストラン

同ホテルでは2020年に、売上高150億円を目指し、18年には第2期改装に着手する。24階以下の客室を順次改装するほか、エグゼクティブラウンジの拡充、最上階にメーンバーのオープンなどを予定している。

同ホテルは、ホテルオークラを親会社とするホテル運営会社、オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントのグループホテルで、グランドニッコーは国内に19ホテル、海外に18ホテルあるニッコー・ホテルズ・インターナショナルの最上級ブランド。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ