楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今年は京セラ美術館に9本のヤマザクラ植樹 JTB旅ホ連京都支部ら

20/11/12

JTB協定旅館ホテル連盟京都支部(岩井一路会長)とJTB京都観光誘致協議会(森口浩紀会長)が2012年度以来毎年、京都市内の各所で行っている桜の苗木の植樹。今年は、5月にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館(京都市左京区)に9本のヤマザクラを植樹した。

10月26日に行われた植樹式には、桜を寄贈された京都市の門川大作市長が出席。門川市長はあいさつで「京都1千年の歴史を見ても収まらない疫病はありませんでした。京都市に観光課ができて今年で90年、持続可能な観光をやっていかなければならないと改めて思っています。来年は皆さんと『桜を見る会』をやっていただきたい」と話し笑いを誘った。

この後、館内の日本庭園を通って岡崎通りに面した歩道沿いに関係者が移動し、ヤマザクラを植樹した。

JTB旅ホ連京都支部ら

ヤマザクラを植樹する門川市長、
岩井会長(左端)ら

JTB旅ホ連京都支部とJTB京都観光誘致会議は、JTB創立100周年を機に、京都市の緑化推進事業に呼応。これまで二条城、琵琶湖疏水などでも植樹を行ってきた。

岩井会長は「2022年にはJTBが110周年を迎えます。京都観光が厳しい中、何とか復活に向けてがんばっていきたい」と話し、植樹活動を継続していく意向を示した。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ