楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歴代CAユニフォーム集結 大韓航空、創立50周年セレモニー

19/10/28

大韓航空は10月28日、今年創立50周年を迎えたことを記念した「創立50周年空港セレモニー」を羽田空港国際線旅客ターミナルで開催した。会場には、これまでの大韓航空の制服を着用した客室乗務員(CA)13人が参加(女性12人、男性1人)。歴代ユニフォーム11種類を元に歴史を紹介し、今後の飛躍を誓った。

100年目指しより良いサービス提供目指す

イベントでは冒頭、大韓航空の金正洙日本地域本部長が「羽田は特別な地として運航してきた。これから50年もより良いサービスを提供し、100年を迎えたい」とあいさつした。

金本部長

イベントでは客室乗務員らが歴代ユニフォームで登場するほか、イベント集合後にKE712便(羽田~金浦)に登場する客全員に記念品を贈呈した。

記念品

KE712便搭乗者ら

記念品の受け渡し

記念ケーキも

また、KE712便には歴代制服を着用した客室乗務員が機内でサービスを行った。

搭乗客からは「こんな特別な時に乗れてラッキーだ。現在の制服は、白を取り入れるなど上品で良いと思う」と声が上がった。

大韓航空歴代制服コレクション

1969年

1970~71年

1971~72年

1973~74年

1974~75年

1976~77年

1978~79年

1980~85年

1986~90年

1991年~2005年

2005年3月~

50周年を祝う客室乗務員

階段にて

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ