楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(6) 受入施設を紹介

白浜荘 企業研修や学生合宿に設備充実

琵琶湖の湖西にあたる近江白浜水泳場前に位置するのが、リゾート旅館「白浜荘」。

施設内にはリニューアルした専用の体育館(エアコン付き)やテニスコート(3面)、プール、カラオケルームを完備している。企業のセミナー研修から、学生対象のスポーツ・文化活動の合宿までバックアップできる設備が整っている。

本館には和室9室と展望風呂付大浴場「潮風の湯」をはじめ、レストラン、多目的ホール、100人収容の宴会場がある。

白浜荘

白浜荘本館の夜の光景

このほかにも80人収容の別館、26人収容の北館、22人収容の別荘がある。会議室やコンベンションホール、和室、洋室20室を備えるアネックス淡海、サウナ付き大浴場を併設する2階建てのクラブハウス風貸し別荘「ゲストハウス加茂川」など宿泊スタイルに合わせた施設を用意している。

また地元・高島市の魅力を伝える体験コースや里山トレッキングコースや白鬚神社、函館山など高島市の観光情報発信を続けている。

マキノピックランド 旬の味覚を収穫

滋賀県の高島市農業公園マキノピックランドは、栗をはじめ様々な果物狩りを体験できる観光果樹園だ。

地元農家の農産物の直売所やジェラートの製造販売所、グラウンドゴルフ場などを併設している。施設前には2.4キロに渡って約500本のメタセコイア並木道があり、2016年には「新・日本の街路樹百景」「紅葉名所100選」に選定。ウォーカープラス紅葉名所2016にも選定され、第1位となっている。

初夏から晩秋にかけて、さくらんぼやブルーベリー、ぶどう、栗、りんご、さつまいもなどの食べ放題や収穫体験を楽しめる。料金は収穫によって異なり大人1200―1600円。自家果樹を使った手作りのジェラート、ジビエ料理を食べることができるレストランも併設している。

マキノピックランド

秋は栗拾いが人気

駐車料金は無料。大型10台、普通160台を収容できる。休憩処になるセンターハウスは9―18時(11月1日―3月31日は17時まで)。〒520―1834 滋賀県高島市マキノ町寺久保835―1 電話0740―27ー1811、ファクス0740―27―0590

(前の記事)滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(5) 教旅向けパスポート

この記事をシェアする
購読申し込み
注目記事
新しい色合いへのいざない18年タイ観光特集

タイ第2の都市、チェンマイで1月24―27日、ATFが開催された。「アメイジング・タイランド」...

地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

京都大阪信州伊豆へ春花紀行

野山に花々が色をつけると春の観光シーズンの開幕だ。艶やかな色合いは春らしい躍動感を伝え、旅人の...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ