楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

三国志「呉」の国へツアー 中国・江蘇省、日本のファン誘客へ大きな“武器”

中国・江蘇省は、日本でも古くから愛されてきた物語「三国志」の舞台の一つ、呉の国があった地。小説や映画に限らず最近ではゲームにもなるなど、日本から誘客を図る上で、三国志は大きな“武器”だ。

そんな中、3月23日には春秋旅行が企画した三国志ファン向けの4泊5日のツアーが出発。ファンのほか、講談社と中国紀行、三国志のゲーム開発で知られるコーエーテクモゲームスが参加した。同省観光局は南京明孝陵風景区にある東呉大帝孫権記念館で歓迎式を開いた。

歓迎式で同省観光局観光促進処の叶凌波処長は「今回のツアーを通じて、三国歴史文化を探るとともに水に恵まれた江蘇の美景、美食、文化生活も十分に楽しんでほしい」と歓迎。三国志の歴史を研究している渡辺義浩さんと中国南京大学の童●さんも招き、研究講座を行って交流した。

会場の南京東呉大帝孫権記念館は「英雄少年」「三国争雄」「都を築く」「鐘山の魂」で4部分に分けて、呉の創始者・孫権の一生を紹介している。歓迎式では中国伝統の古琴による演出や3D映画「東呉大帝」を鑑賞。孫権像の前で記念撮影も行った。

東呉大帝孫権記念館

孫権の一生を伝える
東呉大帝孫権記念館

ツアーの発端は昨年末に、同省観光局が東京都内で開いた交流会。同省観光局の銭国超局長は日本観光振興協会と交流を深め、両国の民間交流を一層深めるために、旅行者のニーズに応じたツアーを作成すべきだと提案した。そこで日本で影響力がある三国志に着目。呉の国があった同省の歴史を生かそうと、中国国家観光局東京駐在事務所や日本の観光業界、同省観光局、江蘇観光ピーアールセンターの協力で春秋旅行と連携し今回のツアーを企画した。ツアーは南京以外に無錫の三国城、鎮江の北固山などの三国志に関わる観光スポットも訪問する内容になっている。

同省では、国の観光交流が増えることで、今後日本の三国志ファンは旅行会社を通じて同省に訪問、三国志の歴史を探るだけではなく同省の魅力もより身近に体験できる、としている。

(●=山へんに令)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ