楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

世界に誇る生桜えび 静岡市、観光説明会で魅力発信

18/02/01

静岡市は2017年12月13日、東京・芝公園の東京プリンスホテルで観光説明会を開き、地元特産品や観光イベントをアピールした。

同市の由比港で水揚げされる「桜えび」は、世界で駿河湾と台湾でしか獲れない特産品。しかも、揚げや漬けに調理したものではなく、流通した食品として生で食べられるのは唯一、静岡だけだそう。理由は、桜えび漁獲量日本一の由比港が「高度衛生管理型市場」として運営されていることにある。桜えびを素手で触らないなど、徹底した衛生管理が生食を可能にしている。

漁期は、資源保護のため、毎年10月下旬から12月下旬と、3月下旬から6月初旬の2回。この季節は、由比港や静岡市内の飲食店で、新鮮な生の桜えびを食べられる。

毎年11月3日の文化の日を挟んで4日間開催している「大道芸ワールドカップin静岡」は、18年が27回目。世界中から集結する100組以上のトップレベルのアーティストが、駿府城公園や静岡駅前、市街地や商店街でジャグリングやアクロバットなどの大道芸パフォーマンスを繰り広げる。アジア最大級の大道芸フェスティバルで、100万人以上が観戦する、静岡市を代表するビッグイベントになっている。

静岡市観光説明会

「大道芸W杯」をPR

一方、歴史好き、城好きには、駿府城発掘体験が2020年2月まで行われている。将軍職を秀忠に譲った後、徳川家康が大御所政治を行った城であり、死去した城でもある駿府城。16年から天守台の発掘調査が始まり、一般観光客の発掘体験も受け入れている。発掘調査の見学ルートも整備され、ガイドと巡るツアーなども実施。発掘現場の施設「発掘情報館きゃっしる」では、出土品の展示や、映像や模型で駿府城を紹介している。

説明会で田辺信宏・静岡市長は「静岡市が意識しているのは東京ではなく世界です。静岡市には世界中から人が集まるポテンシャルがあります。世界オンリーワングルメの生の桜えびを食べに、また、屋外サーカスとも言える大道芸ワールドカップを自分の目で確かめに来てほしい」と呼びかけた。

この記事をシェアする
購読申し込み
注目記事
新しい色合いへのいざない18年タイ観光特集

タイ第2の都市、チェンマイで1月24―27日、ATFが開催された。「アメイジング・タイランド」...

地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

京都大阪信州伊豆へ春花紀行

野山に花々が色をつけると春の観光シーズンの開幕だ。艶やかな色合いは春らしい躍動感を伝え、旅人の...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ