楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

1位は「しまかぜ」、九州も人気 阪急交通社の観光列車検索ランキング

17/08/23

阪急交通社は7月13日、自社サイトでの検索における観光列車名のキーワードランキングを発表した。ツアー利用の列車の検索が多くなると考えられるが、ツアー設定のないものも。1位は近鉄の「しまかぜ」が獲得、トップ10には西日本を中心に多士済々の顔ぶれが並んだ。

1位の「しまかぜ」は大阪・京都から伊勢志摩へ向かう。本革使用の上質なシートと車窓風景によるくつろぎの空間が人気だ。2位はJR西日本・IRいしかわ鉄道「花嫁のれん」。金沢―和倉温泉を結び、北陸文化を体感できる。

3位には「或る列車」、9位に「ななつ星in九州」、10位に「ゆふいんの森」と、観光列車のパイオニアとも呼べるJR九州から3列車がランクイン。4位にも肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」が入り、九州の列車人気はやはり高い。

そのほか5位はJR四国「伊予灘ものがたり」、6位はJR西日本「SLやまぐち号」。東日本からも7位にしなの鉄道「ろくもん」、8位に大井川鐵道「トーマス号」が入った。

ランキングは2016年5月―17年4月の検索数合計から算出した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
SNS映えする冬の新潟2

冬の新潟特集第2弾。雪国新潟だからこそ見られるフォトジェニックな風景、景観に加え、冬の新潟は...

SNS映えする冬の新潟1

秋の紅葉。これは国内の比較的広い地域で見ることができる。だから秋観光にはライバルが多い。では...

名湯拠点にいざ清流の国岐阜へ

日本の真ん中、岐阜県。春夏は深い緑、秋は紅葉と豊かな山々が大地を包み、清らかな水をたたえた川...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ