楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アユ解禁の多摩川 遡上数は昨年の7倍強に、台風19号からようやく回復

22/06/02

東京都は6月1日、今年の春に多摩川を遡上したアユが昨年春の32万尾を大幅に上回る7倍強の250万尾と推計されると発表した。

多摩川のアユの遡上は2019年10月の台風19号の影響で、2019年の333万尾から2020年は1割程度の37万尾、2021年は32万尾と2年連続で激減していた。台風から3年が経過し、遡上数は回復の兆しを見せている。

多摩川のアユ遡上数の推移

東京都ではアユを重要な水産資源として、1983年から多摩川下流部で遡上調査を行っている。今年は3月8-5月31日まで、多摩川河口から約11キロの丸子橋近くに定置網を設置して調査を行った。

アユは寿命が1年の年魚で、多摩川では主に河口から15-25キロ区間で秋に産卵、ふ化すると海に下り東京湾で冬を過ごした後、春に多摩川を遡上する。

調査開始以降、多摩川のアユの遡上数が最も多かったのは2012年で、1200万尾と推計されている。

多摩川では中下流域で6月1日にアユ釣りの解禁日を迎えた。上流の秋川は6月4日、奥多摩は6月18が解禁日となり、本格的なアユ釣りシーズンを迎える。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ