楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業3団体が懇談会 大阪OCATに事務所が縁で

17/08/31

大阪市浪速区のOCAT(大阪シティエアターミナル)4階に事務所を置く、JATA(日本旅行業協会)、ANTA(全国旅行業協会)、OATA(協同組合大阪府旅行業協会)の3旅行業団体が8月8日、ホテル日航大阪で職員・役員合同懇談会を開いた。

懇談会の開催を呼びかけた幹事担当のANTA大阪府支部の吉村実支部長(歓喜旅行サービス)は「こうして3つの組織が集まるのはOCATに3団体が引越し集結して以来になる。役員も変わったことで、お声かけさせてもらった。さらに業務提携を進めたい」とあいさつ。また、ANTAにおいては前支部長の永野末光さんが副会長、川﨑糺監事が留任ということで大阪が脚光を浴びていることを紹介し「お2人がしっかりと仕事ができるよう大阪で胸を張って仕事をしたい」とも話した。

JATA関西支部の角倉洋介事務局長は「縁あって4階の同じフロアで仕事をすることになり喜んでいる。今日の集まりを機に関西が発展し元気になることを祈念したい」と述べた。

このあと3団体メンバーで交流を深めた。

旅行業3団体懇談会

各団体代表らが“大阪締め”

なお、ANTA大阪府支部では7月12日に同じOCAT内にあるアサヒスーパードライで役員・協力会役員合同懇親会を開いた。オーサカ・ゼンリョ協力会の西村肇会長(西村屋)も出席し「今期会長に再選された。最後の2年間を有意義に中身のある活動を行っていきたい」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ