楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“改革”へ先行投資で増収減益 JTBの17年度連結決算

18/06/13

JTBグループの2017年度連結決算が5月25日に発表された。17年4月―18年3月の通期では売上高が前年度比2.0%増の1兆3229億9200万円。営業利益は同49.5%減の51億3500万円、経常利益は同27.7%減の93億7800万円、当期純利益は80.1%減の10億4300万円を計上した。旅行事業に大きな変動はなかったものの、今年4月の経営改革や海外企業のM&Aへの投資もあり増収減益となった。

旅行事業の売上高合計は同2.2%減の1兆1431億2800万円。内訳は、国内旅行が同6.9%減の5390億2600万円、海外旅行が同0.6%減の4593億9800万円、訪日旅行は同13.9%減の628億2800万円、海外事業会社によるグローバル旅行は49.6%増の818億7600万円、その他の事業は41.2%増の1798億6400万円。これらの数値はMICE案件の「その他の事業」への移管による影響を反映させたもの。

国内旅行は16年度に自然災害の影響を受けた九州方面が持ち直したものの、東日本が伸び悩み、個人事業が減収。団体は九州に加え「日本の旬」があった北海道方面が好調だった。

海外旅行は個人客についてはヨーロッパ方面が盛り返し、ハワイも好調。法人は海外視察が増え増収を記録した。

訪日旅行は訪日客向けパッケージ「サンライズツアー」の強化が奏功したが、前年の伊勢志摩サミットなど大型イベントの反動で減収となった。

18年度は、売上高は同2.0%増の1兆3500億円、営業利益は同75.3%増の90億円、経常利益は同6.6%増の100億円、当期純利益は同389.0%増の51億円を見込む。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ