楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

屋上でグランピングが楽しめる 阪急トップビアガーデン/大阪

18/06/04

今年もビアガーデンのシーズンがやってきた。デパートもレストランも、そしてホテルも続々とオープンしている。庭園で、プールサイドで、屋上で、と場所もさまざまで、料理もブッフェスタイルは同じだが、唐揚げ、フライドポテトといった定番メニューはもとより、ピザやスパゲティ、バーベキューや寿司、餃子など多彩なメニューが顔を揃え、「食事」ができるビアガーデンが最近の傾向だ。

そんななか、目で楽しみ、舌で味わう料理にグランピングコーナーやカップルシートを設け、さらに楽しみを付加しているのが「阪急トップビアガーデン」である。場所は大阪・梅田の阪急ターミナルビルの屋上で交通アクセスは抜群。4年前に「都会でのアウトドア」をコンセプトにリニューアル。その開放的な設えと料理が人気を呼び、年間約8万人が利用するという関西最大級のビアガーデンなのだ。

阪急トップビアガーデン

グランピングを都会の真ん中で

まずは料理。常時約25種類のメニューがあるが、これはぜひともご賞味をというのが「出来たて豪快キャンプ飯」。アウトドアならではの豪快な料理を提供している。「骨付きMEET BBQスタイル」はハンバーグパテに豚肉を巻き付けて焼きあげたものを切り分けてくれる。柔らかくジューシーな味わいで、ビールによく合う。とにかくデカイ「渦巻きドッグのスモーク」。渦巻きバンズにスモークサーモン、ソーセイジ、野菜などを挟み、バンズごとスモークし、ほのかにスモークの香りがする。餃子を卵とじした「落とし玉子の大鍋餃子」、魚や野菜、ウインナーなどを豪快に使用した「具だくさんアヒージョ」など、どれもこれも食べてみたい1品。

阪急トップビアガーデン

豪快に肉を味わう
「骨付きMEET BBQスタイル」

阪急トップビアガーデン

とにかくデカイ
「渦巻きドッグのスモーク」

デザートも食パン3斤を使用した「まるごと食パンのフレンチトースト」など、見るだけでも面白い料理が並ぶ。オプションでは「ジャンボ海老フライ&ミニシュリンプ(2500円)、「1ポンドステーキ(450グラム)」(3千円)なども用意されている。さらに、セットで頼むと5千円でお得に。

ビール飲み放題はもちろんだが、金曜日は「ザ・プレミアム・モルツ」が登場。モルツファンはどうぞ金曜日に、である。

客席数は最大750席。昨年新設して人気だったグランピングコーナーは今回1基増設し、2基を整備。2つ繋げると最大22人利用できる。前菜サービスに加え、「ザ・プレミアム・モルツ」の専用ビアサーバーが付き、並ぶことなく思う存分ビールが楽しめる特典付き。このほか、2人だけのカップルシートなども用意している。デートできるビアガーデンなのだ。

期間は4月27日―9月24日の約5か月間で、営業時間は17時30分から21時まで。料金は1人4200円、子ども(4歳―小学生)2200円。グランピングコーナーは1人5千円。時間無制限。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/osakashh/contents/beergarden/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ