楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

豪雨災害から復活、秋の観光も見どころ十分 大分県日田市

17/09/19

大分県日田市観光課の三苫真依子さん、JA日田梨部会の判田淳平さんと判田宏一さん、大分県大阪事務所の石井修三さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪問。今年7月の九州北部の豪雨災害から2カ月が経った日田市や中津市の現況を話したほか、生産期を迎えている「ひた梨」、かつて天領であった歴史ある豆田町エリアの魅力をPRした。

日田市では、7月の集中豪雨で市内を走るJR久大本線の鉄橋(花月川橋梁・日田駅―光岡駅間)が流された。現在も一部不通区間があるものの、列車代行バスが運行している。博多や福岡空港までは高速バスが定期運行しており、所要時間は1時間ちょっと。

三苫さんは「鉄橋が流され日田市に行けなくなっているのでは?と思われがちですが、市内の宿泊施設は災害後1週間ほどで営業を再開していますし、道路もずいぶん復旧してきました」。

今秋のイベントのうち小鹿田焼(国指定重要無形文化財)民陶祭は中止になったが、9月26日―10月18日に豆田町のまちづくり歴史交流館で小鹿田焼の作品展を行う。豆田地区では11月11―12日に「日田天領まつり」も開催する。「西国筋郡代着任行列は圧巻です!」と三苫さん。

市内7地区130軒あまりの農家で成り立つ日田梨部会の判田淳平さんは「福岡県境では梨の木まで流された地域もありましたが、今日は無事に収穫できた『ひた梨』を持ってきました。関西でも売られている逸品です!」。

石井さんは中津市について「紅葉で有名な耶馬渓があり、手掘りのトンネル青の洞門も有名です。ぜひお越しください」と紹介した。

最後に三苫さんは「災害後、関西から100人以上の方が炊き出しのお手伝いなどで来ていただきました。今日はそのお礼と観光PRにまわっています。避難所暮らしの方もいなくなりました。日田市にぜひ観光でお越しください」。

大分県日田市

大分県日田市の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
小社来訪 カテゴリ
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
SNS映えする冬の新潟2

冬の新潟特集第2弾。雪国新潟だからこそ見られるフォトジェニックな風景、景観に加え、冬の新潟は...

SNS映えする冬の新潟1

秋の紅葉。これは国内の比較的広い地域で見ることができる。だから秋観光にはライバルが多い。では...

名湯拠点にいざ清流の国岐阜へ

日本の真ん中、岐阜県。春夏は深い緑、秋は紅葉と豊かな山々が大地を包み、清らかな水をたたえた川...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ