楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

恐竜王国を光で演出-スキージャムでイルミイベント 福井県勝山市

18/07/12

福井県勝山市から、市観光政策課の竹島真由美さん、スキージャム勝山の山崎真也さん、大広北陸福井支社の大西嘉一さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、7月14日―10月28日に開催する夜間イベント「ジオ・イルミネーション」を紹介した。

ジオ・イルミネーションはスキージャム勝山で今年初の開催。「光が導く太古と恐竜の世界へ 地球46億年イルミネーション!」をテーマに、地球誕生から恐竜の時代をイルミネーションで再現する。プロジェクションマッピングを駆使し池の中に太古の魚類を再現したり、巨大な恐竜の地上絵を光で描く。時代別に6つのエリアにわかれ1周30―45分。

山崎さんは「北陸最大級のイルミネーションイベントです。ディナーバイキングやバーベキューもあり、施設内の法恩寺温泉入浴とのセットも可能です。旅行商品として設定いただければ」。

竹島さんは「昼は福井県立恐竜博物館、夜はジオ・イルミネーションで恐竜王国・福井県勝山を満喫いただけます。実物大のリアルな恐竜が棲む?かつやまディノパークもお勧めです」。

ジオ・イルミネーションは18時30分から22時(9月15日以降は1時間繰り上げ)。大人1千円、小人500円。夏休み期は福井駅からイルミライナーの運行を予定。期間中13万7千人の来場を見込んでいる。

福井県勝山市の皆さん

福井県勝山市の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ