楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「水の国、わかやま」 旅のシンポジウム開く

19/11/07

和歌山県は10月11日、東京・紀尾井町カンファレンスで「水の国、わかやま」の魅力を紹介する旅のシンポジウムを開いた。

和歌山の川をフィールドワークとするネイチャー写真家の内山りゅうさんが、「和歌山の水のすばらしさ」について、「クリアで青い和歌山の川を見に来てほしい。和歌山には他では減ってしまった、健全な川の証拠である深い淵が残っています。子どもたちだけで川で遊んでいる景色が、和歌山にはあります。是非、川に行って手を入れ、足を入れほしい」などと話した。

内山さんは、和歌山の川にほれ込み20年前に移住した。「川に漁業権がなく、おおらか。ウナギもたくさんいて、ウナギの撮影に困らない。子どもが川遊びをしている場所でウナギが採れる。この数年、ウナギは天然ウナギしか食べていない」と、豊かな和歌山の川を紹介した。

和歌山に行くべき理由は水と川

また、内山さんと親交のあるテレビプロデューサーなど和歌山ファンのメディア関係者によるパネルディスカッションがあり、「東京から飛行機で行けば千葉に行くより近い感覚。空港からレンタカーで1時間走ればボウズハゼがいる川に行ける」「グルメ番組で、和歌山の水でカップラーメン、お茶、コーヒーを淹れて東京の水で比べた。お茶は味が優しくなる。コーヒーはすっと入っていく。味が濃いカップラーメンでも全然味が違った」などと、和歌山に行くべき理由をあげていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ