楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日観協 秩父市の小学校で観光教育出前授業

19/10/12

日本観光振興協会は9月26日、秩父市立吉田小学校で観光教育出前授業を行った。6年生39人が、玉川大学教育学部の寺本潔教授の指導で、観光ポジショニングマップを作るグループワークを行った。

ファミリー、女子大生、若手サラリーマン、熟年層、ハネムーン、海外ウエディングの6つの観光客層に分け、価格の高低、目的型か保養型など、それぞれに、どのような目的や特徴があるかについて、生徒たちが10分程で議論し、グループごとに意見を発表した。

授業後は、他校を含む教師や、秩父市教育委員会、秩父地域おもてなし観光公社を交えて意見交換会を行った。教師からは、観光教育の授業の進め方について質問が出ていた。

同協会では、観光産業の認知度向上を図るため、2018年度に小中学生向けの観光教材「はじめて学ぶ観光副読本 観光でまちを元気に、日本・ふるさと再発見」作成。今年3月には、観光教材を基に、東京・台東区の浅草中学校で初めてとなる、観光教育出前授業を行っている。

観光読本は、児童・生徒だけでなく教員も意識して作られ、冒頭で国連の観光に対する基本理念である、「観光は平和へのパスポート」を紹介するなど、異文化間の相互理解の促進や平和の構築・維持に観光を学ぶことの重要性が書かれている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ