楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

創業90周年で記念ツアー 名阪近鉄旅行、旅連総会で発表

19/08/29

名阪近鉄旅行(松田健社長)はこのほど、名古屋市中村区のグランクレールで協定旅館連盟(中島守会長=望湖楼)の2019年度通常総会を開いた。

中島会長は「新しい元号が始まり、今年はラグビーワールドカップなどが開かれ、息を吹き返しつつある国内旅行と合わせて大きなチャンスが訪れている」と話した。

松田社長は「全体の取扱額は前年度並みを維持し、最終利益も黒字決算の見込み」と、近く明らかになる2018年度の営業概況を報告。19年度の取り組みについては18年5月に名古屋—大垣にデビューした「カッコーワイドバス」が好評であるため、5月の連休明けに三重県四日市にも導入することを伝えた。

2020年5月に名阪近鉄バスが創業90周年を迎えることも報告。グループをあげて記念ツアーを実施する考えを示した。

このあと行った議案審議ではいずれの議案も原案通り承認した。

続いて開かれた協定観光施設連盟(西山健司会長=西の屋グループ)の総会でもいずれの議案は原案通り承認された。

西山会長は「高齢化社会の中でバスツアーは魅力的なものになると思う。名阪近鉄旅行と我々協定観光施設連盟が知恵を絞りあって、よりよい商品開発を行い、バスツアーを盛り上げていきたい」と話した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ