楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スマホ利用と“海外発”人気高まる 日観協、観光サイトの閲覧者数を調査

日本観光振興協会は2017年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調査、結果をランキング形式で発表した。スマートフォン利用、海外発の旅行情報・予約サイトの存在感の高まりが明らかになった。

調査はネット行動分析を行うヴァリューズと共同で実施。同社のサービスを使用し、閲覧者数はPC・スマートフォンからのアクセス集計などを基に、国内のネット人口に則して20歳以上の動向を推測し算出した。

旅行会社やネットエージェント、旅行情報など「旅行・交通」分野では、PCからはじゃらんnetが3540万人でトップ。2位楽天トラベル、3位トリップアドバイザーと続く。スマートフォンからは1、2位はPC同様で、3位がRETRIP。

いずれも上位に大きな変動はないものの、PCの上位サイトは大半が前年比で閲覧者数が減少。一方で、スマートフォンの上位サイトは多くが増加しており、観光目的のサイト利用はPCからスマートフォンへ移行が進んでいるようだ。

また、PCで数字を伸ばしたのはトリップアドバイザー、ブッキング・ドットコム、エクスペディアといった海外発サイト。観光に関する検索ワードから流入が多いサイトでもトリップアドバイザーが前年比68%増で1位になったことからも、海外発サイトの浸透を如実に示す結果になった。

「都道府県公式観光情報」分野はPCが上から東京都「GO TOKYO」、大阪府「OSAKA︱INFO」、山梨県「富士の国やまなし観光ネット」の順。スマートフォンでは1位東京都、2位茨城県「観光いばらき」、3位三重県「観光みえ」と続く。PCでは奈良県や香川県、スマートフォンでは島根県の上昇が目立つ。

ヴァリューズ社では豊富なコンテンツをそろえたサイトが支持を集めていると分析。加えて大阪府がPC2位、スマートフォン4位に入ったことからツイッター、フェイスブック、インスタグラムといったSNSを活用した戦略が閲覧者増につながるとみている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ