楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人、仕事を引き寄せる 筆手紙道家元・浦川良子さんに聞く「手書き文字の力」

トラベルニュースat5月10日号で紹介した筆手紙道協会の家元、浦川良子さん。コロナ禍の真っ只中、良子さんからいただいた巻き手紙に心を射抜かれた記者が良子さんにお話を伺った。

―巻き手紙を始めたきっかけは?

幼いころから、言葉を綴ったり、文字を書いたりするのが好きでした。それは感性豊かな伯母の影響だったかもしれません。「もうすぐおひなさまの季節ですね」「子供の日は何をして過ごしますか?」「お誕生日おめでとう」などと季節ごとに届く伯母からの手紙やはがきが嬉しくて、楽しみで。電話じゃなくて自分で書いた文字でありがとうの気持ちを伝えたくて私も伯母へ返事を書くようになりました。

仕事でお世話になった方へのお礼、遠方の友だちへの近況伺い、贈り物をする時にひと言添えて、年賀状も封書にして…今でも必ず手紙を書いています。手紙を書くときは読む方に楽しんでいただけるようなおもてなしのひと工夫をこころがけています。手紙を開いた時にはほっと心が和むような季節の移ろいや彩りを感じてもらえたらと、文字と合わせて絵も描くようになりました。

「巻き手紙と言えば…よしこさん。よしこさんと言えば巻き手紙」と言われて…もう30年ほどになります。

浦川良子さん

巻き手紙と言えば…良子さん

―巻き手紙の魅力を聞かせてください。

手書きの文字には、写真と同じくらいの記憶に残る力があり、その人の表情や声色まで想起させる力があります。たった一通の手紙から美意識、感性、人間力と書き手の存在そのものが伝わります。手紙に綴られる言の葉とその人自身の醸し出す印象が重なり人柄そのものが心に残るのです。

ですから手紙とは自分の気持ちを相手に運ぶ一番身近なツールとも言えます。デジタルな世の中だからこそアナログの手書きの手紙がインパクトを与え、印象に残る人になる。結果ビジネスツールにはインパクトから印象深くなりツールとして欠かせないものであり、人や仕事を引き寄せる力強いがあります。私は「まき手紙には魔法のような不思議な力がある」とお伝えしています。

浦川良子さん

良子流の書や巻き手紙を伝授

―素人の私でも書けるようになりますか。

上手じゃなくてもいい、心の赴くままに。相手のことを想いながら一文字ずつ綴る手紙は心に響くものがあります。自由に、楽しく、想いを込めて、個性あふれる手紙を書いてください。

書くとは浄化力、集中力、観察力、洞察力を養い、自分を客観的に見つめる時間を持つこと。それは季節を感じながら生活をすることであり、お月様、生け花、本などに興味を持つようになります。自ずと感性が豊かになり人生が変わると考えています。自分だけの世界観を表現できるようになります。

「良子流まき手紙」には型というものがありません。大切な人に宛てた粋で美しい手紙、最後に「想い」という愛をそえて。

―ありがとうございました。

浦川良子(うらかわ・よしこ)さん=高校卒業後、美容関係や政治家秘書など多種多様な仕事を経験。その後、おもてなし研究家として独自の感性を生かしたインテリアのコーディネイト、イベントプロデュースなどを多数手掛ける。2019年より筆手紙道協会(商標登録出願中)家元として、筆文字で書き綴る「良子流」の書や巻き手紙の魅力を伝授。また「開運美書家よしこ」として店舗の看板やディスプレイ、パッケージ、広報物のほか様々な創作活動も行っている。「手紙の匠」としてテレビ番組にも出演している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ