楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

山東省観光の夕べに400人 中国観光局、大阪で開催

18/01/31

中国国家観光局駐大阪代表処と山東省旅游発展委員会は2017年12月22日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪で「2017年麗しい中国・シルクロード観光年〜山東省観光の夕べ〜」を開いた。日中国交正常化45周年記念と銘打って、大阪代表処と関係の深い旅行会社や地方自治体などを招いた忘年会も兼ねており、400人近くが参加する盛況ぶりだった。

会場では山東省の観光プロモーションビデオが放映されたほか、泰山などの観光素材や関西からのアクセスについて紹介された。二胡の演奏のほか、著名な牛子華氏による水墨画の実演、航空券や山東省のホテル宿泊券などが当たる抽選会も行われた。

中国国家観光局駐大阪代表処の劉海生首席代表はあいさつで「今年、中国から700万人が訪日する一方、日本から中国へ訪れたのは、一時に比べて回復傾向にあるものの300万人に満たない状況です。2022年の国交正常化50周年までに両国の交流人口が1500万人を突破できるよう、皆様のご協力をお願いしたい」と話した。

中国国家観光局駐大阪代表処

日中の観光交流活性化を呼びかける
劉首席代表

日本側からあいさつした近畿運輸局の坂野公治局長、全国旅行業協会大阪府支部の吉村実支部長、JATA関西支部の角倉洋介事務局長らも口々にインバウンド、アウトバウンドとともに活性化するよう相互交流の必要性を強調した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ