楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

さんふらわあトラベルに大阪市から感謝状 大阪港開港150年記念ツアーを評価

18/08/06

さんふらわあトラベル(樋口直史社長)に7月15日、大阪市から感謝状が贈呈された。大阪港開港150年記念事業の趣旨に賛同し、事業実施や大阪港の振興に貢献したことが評価された。

さんふらわあトラベルの皆さん

感謝状を掲げる
さんふらわあトラベルの皆さん

今回評価されたツアーは、さんふらわあトラベルが2017年11月、大阪港開港150年記念として「薩船・幕末維新ミュージアム木村先生と航(い)く『坂本龍馬とおりょうの新婚旅行の旅』」。JR新大阪駅で集合した後、貸切バスで住吉大社へ移動。土佐藩ゆかりの地である土佐藩住吉陣屋跡碑や坂本龍馬宿泊の地三文字屋敷などを見学し、住吉大社で旅行安全の祈祷式を行った。龍馬がハネムーンに出発した大阪港・天保山にも立ち寄った。フェリー「さんふらわあ・さつま」に乗船後、出発セレモニーも行われ、船内では京都の幕末ミュージアム霊山歴史館の木村武仁さんが「龍馬と薩長同盟―寺田屋襲撃事件の謎」について講演した。

翌日、志布志港入港後、龍馬が薩船で入港した鹿児島天保山を見学。妙見温泉「忘れの里雅叙苑」で昼食を食べ、霧島和気神社、塩浸温泉、龍馬公園を見て回った。帰路の船内でも木村さんによる「龍馬と大政奉還の謎」の講演があった。

さんふらわあトラベルでは15年に「目覚めれば九州」と銘打ち、NHK大河ドラマ「真田丸」放映にあわせて「大阪の陣400年『秀頼の薩摩落ち伝説ツアー』」を実施。今回は第2弾で、大阪港開港150年、明治維新150年、坂本龍馬没後150周年を踏まえて行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ