楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秋彩る天橋立「きものまつり」、10月15日開催 京都府丹後地域

17/09/20

丹後織物工業組合の西村友美さんと第19代プリンセス天橋立の入柿友紀さんが来社し、10月15日に京都府宮津市の文殊地区で開催する「丹後きものまつりin天橋立」をアピールした。

丹後きものまつりは、特産の丹後ちりめんの周知を図り、きものの着用機会を提供するとともに、観光客を誘致し丹後地域のPRと経済効果を高めることが目的。毎年秋に実施し、今年で18回目を迎える。全国各地から1千人を超えるきもの姿の男女が参加、今年は1200人を定員とし現在参加者を募っている。

今回は、十二単と丹後ちりめんがコラボするきものショーや郷土芸能「河来見翁三番叟」の演舞、1200人が天橋立の松並木を一斉に歩くパレードなどが予定されている。きもの姿で参加した人には海外旅行や高級きものが当たる大抽選会をはじめ、野点や人力車が無料で楽しめる。会場周辺の飲食店などが割引利用できるガイドブックなども配布する。

入柿さんは「1千人以上の方がきもの姿でいる様子は見ているだけでも楽しいです。イベントを通じて丹後ちりめん、天橋立により興味を持っていただけたらうれしいです」。

西村さんは「ちりめんが日本遺産に登録され、地元でも関心が高まっています。きものが似合う時期に、飛龍観などでインスタ映えする写真を撮りにきてください」。

様々な特典が付くきもの姿でまつりに参加する申し込みは10月2日まで。丹後きものまつりのホームページ(https://www.tanko.or.jp/kimonomaturi/)から申し込みできる。

京都府丹後地域の皆さん

京都府丹後地域の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
小社来訪 カテゴリ
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
SNS映えする冬の新潟2

冬の新潟特集第2弾。雪国新潟だからこそ見られるフォトジェニックな風景、景観に加え、冬の新潟は...

SNS映えする冬の新潟1

秋の紅葉。これは国内の比較的広い地域で見ることができる。だから秋観光にはライバルが多い。では...

名湯拠点にいざ清流の国岐阜へ

日本の真ん中、岐阜県。春夏は深い緑、秋は紅葉と豊かな山々が大地を包み、清らかな水をたたえた川...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ